腸内環境クリーン大作戦

キムチ、納豆、漬物、ヨーグルト、味噌…これら「体にいい」と言われている食品の共通点は、発酵食品です。発酵食品とは、微生物の力を借りて食品を発酵して作る食品の総称で、生きた酵素がたっぷり摂取できるため、腸内環境を良くします。しかし、毎朝、ご飯に漬物と納豆、味噌汁を添えてしっかり発酵食品を食べるのは、忙しいとなかなか難しいものがあります。さらに発酵食品自体も工場で作られるようになったため、生きた酵素が豊富に含まれているとは言い難いのです。そのような経緯もあって、手軽に酵素を補給できる酵素飲料が注目を集めています。「腸相」という言葉も聞かれるようになりましたが、腸内環境というのは、そのままその人の健康状態を表すほど大切なものです。どんなに栄養バランスのとれた食事を摂っても、そこから確実に栄養分が吸収されなければ体を通過していくだけになってしまいますし、老廃物を排出することは、食べることと等しく重要です。酵素飲料なら腸内環境を整え、便秘の解消にも役立ちます。
酵素とともに腸内環境を整えるために必要なのが、食物繊維です。食物繊維は腸内の悪玉菌を減少させるという研究結果があります。また、腸を刺激して便通を促し、腸内の老廃物を体外に排出する役割も担っています。このように体に有用な食物繊維ですが、やはり酵素と同じように、毎日ふんだんに摂取することは容易ではありません。そこで酵素ドリンクで酵素を補うように、青汁で手軽に食物繊維を補ってみませんか?各メーカーの青汁は、食事では摂りきれない食物繊維をふんだんに含んでいるので、腸内環境が気になる人にお勧めです。食物繊維と腸内環境、青汁については以下のサイトもご覧ください

Yahoo!知恵袋-腸内環境
http://xn--a--gh4am7z5bb6652j88rd.com/